au 厳選お買い得 白ロムから選ぶ! 格安SIMに最適な一台!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ここではauの白ロムの中から厳選して値段、スペック、機能ともに本当にオススメできる端末をご紹介いたします!

auの白ロムを集めたページもあるのでそちらも一緒にご覧ください。
完全網羅!!au白ロム 図鑑

しかし、端末を選ぶ前に気を付けておかなければいけない事があります。

※au系の格安SIMでVoLTE対応端末を使う場合は事前にau端末であってもSIMロックを解除しておく必要があります。(2015/5以降の端末で、SIMロック解除は端末購入から180日後に可能)

※mineoではiPhone 5s/C のデータ通信が使えない

※mineo,UQmobileでau系の格安SIMを取り扱っているが端末によっては使用できる範囲が違ったりするので購入前に各会社の動作確認済み端末をチェックしておこう

格安SIMへの移行にあたり起こり得るトラブルだが全て自己責任になるのでしっかり調べたうえで購入しましょう。

以上の事に気を付けて、さっそく見ていきましょう!

見てみよう!au白ロムオススメ機種

今の狙い目は2015夏モデル!!

isai vivid LGV32 

os Android 5.1
cpu MSM8992 1.8GHzデュアルコア+1.4GHzクアッドコア
RAM/ROM 3GB/32GB
外部メモリ 最大128GB microSDXC
ディスプレイ 5.5インチ 2,560×1,440(WQHD)
カメラ 外側1600万画素
内側210万画素
バッテリー 3000mAh
サイズ/重量 約76×150×10.3mm/150g
機能
  • 防水
  • ハイレゾ
  • おサイフNFC
  • ワンセグ/フルセグ

CPU、メモリをみるとかなりのハイスペックモデル。価格は3万円前半で安い!ディスプレイも高画質で申し分ない。しかし残念ながら指紋認証は搭載していない。その分と言っては何だがおサイフケータイやワンセグなど格安スマホにはついていない機能があるので十分魅力的でしょう。

Galaxy S6 edge SCV31

32GB

 

64GB

 
 

os Android 5.0
cpu EXYNOS7420 2.1GHzクアッドコア + 1.5GHzクアッドコア
RAM/ROM 3GB・32/64GB
外部メモリ 最大128GB microSDXC
ディスプレイ 5.1インチ 2,560×1,440(Quad HD)
カメラ 外側1600万画素
内側500万画素
バッテリー 2,600mAh
サイズ/重量 約70x142x8.4mm/133g
機能
  • ハイレゾ
  • ワンセグ/フルセグ
  • おサイフNFC
  • 指紋認証

四万円半ばの値段で必要十分でほぼすべての機能が揃ったハイスペックモデル。無いものと言えば防水機能位なのでお風呂場のような水場でよく使う人以外は満足して使えるはず。
指紋認証機能搭載でセキュリティもばっちり!オススメの機種です。

Xperia Z4 SOV31 au

os Android 5.0
cpu MSM8994 2.0GHzクアッドコア + 1.5GHzクアッドコア
RAM/ROM 3GB/32GB
外部メモリ 最大128GB microSDXC
ディスプレイ 5.2インチ 1,920×1,080(FHD)
カメラ 外側2,070万画素
内側510万画素
バッテリー 2,930mAh
サイズ/重量 約72×146×6.9mm/144g
機能
  • ワンセグ・フルセグ
  • 防水・防塵
  • おサイフNFC
  • ハイレゾ

機能・見た目・価格と三拍子そろった端末。残念ながら指紋認証機能は搭載していないがそれ以外は全て揃っている。Sony製という事で音楽やカメラの機能が充実しており、それらにこだわりがある人も満足できる端末だ。3万円半ばとかなりお買い得感がありオススメのスマホ!

AQUOS SERIE SHV32

os Android 5.0
cpu MSM8994 2.0GHzクアッドコア+1.5GHzクアッドコア
RAM/ROM 3GB/32GB
外部メモリ 最大128GB microSDXC
ディスプレイ 5.0インチ 1,920×1,080(FHD)
カメラ 外側1,310万画素
内側210万画素
バッテリー 2,600mAh
サイズ/重量 約70x132x9.9mm/134g
機能
  • ワンセグ・フルセグ
  • 防水・防塵
  • おサイフNFC
  • ハイレゾ

他の端末と比べると多少見劣りするスペックだが値段によっては購入をお勧めできる。Amazonでの価格は常に変動しているのでもし3万円前後なら購入を検討したい端末。

HTC J butterfly HTV31

os Android 5.0
cpu MSM8994 2.0GHzクアッドコア+1.5GHzクアッドコア
RAM/ROM 3GB/32GB
外部メモリ 最大128GB microSDXC
ディスプレイ 5.2インチ 2,560×1,440(WQHD)
カメラ 外側2,020万画素
内側1300万画素
バッテリー 2,700mAh
サイズ/重量 約73x151x10.7mm/162g
機能
  • ワンセグ・フルセグ
  • 防水・防塵
  • おサイフNFC
  • ハイレゾ

とにかく価格が2万円台と激安。安く高性能な機種が欲しい人はこれがいいだろう。指紋認証機能以外の目立った機能は全て揃っている。名前でGalaxyやXperiaに負けている感じがあるがそれらの端末と比べても見劣りしないハイスペック端末!

iPhone 6s 16GB

os iOS
cpu A9
RAM/ROM 2GB/16GB
外部メモリ
ディスプレイ 4.7インチ 1,334 x 750
3D Touch搭載 Retina HD
カメラ 外側1200万画素
内側500万画素
バッテリー インターネット利用時
3G/4G LTEで最大10時間
Wi-Fiで最大11時間
サイズ/重量 約67.1×138.3×7.1mm/143g
機能
  • 指紋認証

やっとiPhoneで正式にsimロックが解除できる様になった!他のスマホより価格が少し高くなるが、操作性やアプリなど満足することは間違いないでしょう。
iPhoneをやすく使いたい人は今のところ、この機種一択!

以前のSIMから au VoLTE 対応SIMへの変更

これまでauの格安SIMで使う事が出来なかったVoLTE対応端末が使用出来るようになりました。(基本的に2015/5以降の端末)

しかし、すべての機種が使えるわけではなくSIMロック解除可能な端末のみとなっております。

※既存のmineoユーザーはVoLTE対応端末を使用したい場合、VoLTE対応SIMに変更する必要があり2,000円で交換可能。auの端末はSIMロックを解除する必要があります。

そして以下はSIMロック解除不可能端末。

利用不可能端末

  • URBANO V01
  • isai VL LGV31
  • BASIO / BASIO KYV32 
  • AQUOS SERIE mini SHV31
  • INFOBAR A03

上記の端末はSIMロック解除不可能で格安SIMでは使う事が出来ない。購入時は事前にmineoやUQmobileの動作確認済端末を確認してみよう!

auの白ロムを使うなら格安SIMで!!

auのスマホを安く使う方法はご存知でしょうか?

auの回線を使用して携帯回線を提供してくれている会社(MVNO)を使うと月々の使用料金が半額以下になります!

詳しく知りたい方は格安SIM?MVNOとは?正しく知ってお金を節約!を参照してくださいね♪

auの白ロムを取り扱うmineo またはUQmobileの比較をみてみよう。

au系mvno 格安sim比較!! mineo vs UQ mobile !!

まとめ

お買い得白ロムの紹介いかがたったでしょうか?

白ロムの購入は時期によって値段が大きく変わるので安い時に購入できるようにこまめにチェックしておきたいですね!

端末が古くても数が少なくなったら値段が上がったりするので気をつけましょう。

そしてVoLTEへの対応が待ち遠しいですが、焦らず発表を待ちましょう!VoLTE対応の機種は今の価格が底値で、格安SIM対応後に一気に価格が上がる事が予想されます。

欲しい人はチェックしておきましょう!

冒頭で紹介した完全網羅!!au白ロム 図鑑で相対的な値段をみながら安いスマホを探そう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする