格安sim(MVNO)で失敗しないための 周波数とバンド 

 

格安simを選ぶときに気をつけなければならないのは周波数の問題だ。
格安simとセットで端末を購入する場合は問題ないが自分でsimフリー機を買う場合、今使っている端末をそのまま使う場合は必ず調べておきたい。

 

『(今持っている又は購入予定)機種名 band』で検索すればそのスマホの対応バンドを探せるので面倒くさがらずにしておこう。

 

スマホのBANDがわかったら早速、以下の表で対応しているかチェック!

 

周波数の対応表

 

Band周波数docomoauSoftBank
Y!mobile
Band 12.1GHzW-CDMA
LTE(主要)
(CDMA2000)
LTE(主要)
W-CDMA
LTE(主要)
Band 31.8GHzLTE LTE(主要)
Band 6800MHzW-CDMA  
Band 8900MHz  W-CDMA
LTE(主要)
Band 91.7GHz  W-CDMA
Band 111.5GHz LTEW-CDMA
Band 18800MHz (CDMA2000)
LTE(主要)
 
Band 19
(Band6内包)
800MHzW-CDMA
LTE(主要)
  
Band 211.5GHzLTE  
Band 26
(Band18内包)
800MHz LTE 
Band 28
(拡大予定)
700MHzLTELTE 
Band 412.5GHz   TD-LTE

できるだけ上記のBandに使用予定のスマホが対応していることが望ましいが、各会社の主要な周波数帯に対応していれば大きな問題ないだろう。

 

 

下図はキャリア別の表

ドコモ系mvno

Docomo
LTE3G(W-CDMA)
Band 1       2GHz帯または2.1GHz帯 (主要)
Band 3      1.7GHz帯または1.8GHz帯(東名阪エリアのみ)
Band 19     800MHz帯 (山間部では必須 主要)
Band 21     1.5GHz帯 (地方都市中心)
 
Band 1       2GHz帯または2.1GHz帯
Band 6      800MHz帯
Band 9      1.7GHz帯または1.8GHz帯
Band 19     800MHz帯
※auとは3G規格が違うのでau端末を使う場合は要確認

 

 

au系mvno

au
LTE3G(CDMA2000)
Band 1       2GHz帯または2.1GHz帯(主要)
Band 11      1.5GHz帯
Band 18     800MHz帯 (プラチナバンド 主要)
Band 28     700MHz帯(拡大予定)
Band 1       2GHz帯または2.1GHz帯
Band 18    800MHz帯
 ※ドコモの端末では基本的にauの3Gは使えないので注意

 

 

Y! mobile

SoftBank & Y! mobile
LTE3G
Band 1       2GHz帯または2.1GHz帯 (主要)
Band 3      1.7GHz帯または1.8GHz帯(主要)
Band 8     900MHz帯 (プラチナバンド 主要)
Band 11     1.5GHz帯
Band 28    700MHz帯 (プラチナバンド)今後拡大予定
Band 41     2.5MHz帯 4G AXGP
Band 1       2GHz帯または2.1GHz帯
Band 8      900MHz帯
Band 9       1.7GHz帯
Band 11     1.5GHz帯

 

 

 

 

 まとめ

 

せっかく買ったスマホ、その他デバイスが使えないという事がないようにしっかり確認しておこう。
そんな僕は一度確認せずに買って大変不便した経験ありです^^;

節約のはずが余計に高くついた。。。なんてことがないようにしたいですね。

コメント