IIJmio 格安esimを発売!使える端末やiPhoneの相性、おすすめの使い方は?

遂に国内初!IIJmioからeSIMの発売と、その内容が発表されました!

大手キャリアのdocomoやau、SoftBankよりも先行しての発売!

サービス開始は7月18日からの予定で6GBデータSIM(ベータ版)が利用できます。
(データオプションで都度容量追加することも可能)

今のところ、このシンプルな形での提供となりますが、それをうまく利用する方法や利用可能端末を紹介し、eSIMを最大限利用する方法をお伝えします。

eSIMとは

先に簡単にeSIMとは何かについて説明しておきます。

今まではSIMという形のあるチップを挿して通信事業者を変更していましたが、eSIMではデータの書き換えで使える会社やプランを選択できるようになります。

例えば単純に通信事業者を変えるほかに、海外に行ったときに少しだけデータを購入して使いたい、イベント会場等の限定的な場所でデータを使いたいなど、場所や時間を絞ったりして、より自由使えるようになるなどが考えられます。

IIJmio eSIMの詳細

料金 / プラン1,520円 / 6GB
データオプション20GB 3,100円/月
30GB 5,000円/月
利用できる端末(19年7月4日現在)
Surface Pro LTE Advanced
iPad mini(第5世代)、iPad Air(第3世代)
11インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro(第3世代)
 iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR
残念ながらapple watchには非対応

eSIMおすすめの利用方法

今のところデータSIMのみの利用という事で、公式で推奨している方法の大手キャリアを低容量で使いつつ、その補助的な役割としてIIJmioのeSIMを導入するのがいいでしょう。

データSIMなので一見、iPadなどにもマッチしそうですが、今のところ6GBしか選べないので使わないと無駄がでたり、足りなくて困ることがあるかもしれません。

eSIMをいち早く使いたい場合は契約してみても良いですがそれ以外ならb-mobileの使った分だけ支払うプランの方を勧めます。維持費も安く使った分だけの支払いなので無駄がないですからね。

まとめ これからのサービス拡大に期待!

いまはまだ、ベータ版ということでプラン数が少ないですが、これから拡大していくにつれて様々なサービスが発表されてくることでしょう。

少なくとも現在、通常のSIMで行われているサービスは使えるようになるはずなので、それまで待っていてもいいかもしれません。

その頃にはeSIM対応のSIMフリースマホ等が発売されてストレスフリーで使えるようになっているかも?

併せて5G(4GLTEの次の回線)も利用可能になるはずなのでスマホの通信速度も上がります。

どんどん快適に変わっていくスマホのううん未来を楽しみに待ちましょう!

以下、これまでの歩み 2018/7 IIJからeSIMがでる

2018年7月にIIJからのプレスリリースで以下のような事が発表されています。

マイクロソフト製のeSIM内蔵PC「Surface Pro LTE Advanced」で動作検証を行い、弊社SIMカード相当のプロファイルをダウンロードしたのち、アクティベートしてデータ通信が可能となることを確認しました。なお、eSIMプラットフォームの正式なサービス化は、2019年春を予定しています。

参照:IIJ プレスリリース 

2019年の春を目途にまだ、企業向けかもしれませんがeSIMが正式発表されるとしています。

おそらく、この辺から各社eSIM対応スマホを出してくると思われるので時期的には良い感でしょう。

2018/9 apple watch iPhoneへの対応

最新のiPhoneやapple watchはeSIMが入っていますが、現状はどのような状況なのでしょうか?

なかの人のツイートを見つけたので確認してみましょう。

コメントできるような情報がないという状況です。

どうやらapple製品への対応はまだ先になりそうですね^^;

apple watch3に関しては

ほぼ確実にお使いいただけません。

これからの最新端末に期待です。

 

iOS12.1が発表され、最新のiPhoneでIIJのeSIMの読み込みに成功したようです。

一般向けはまだ、未定なので期待して待っていましょう^^

2019/2 IIJmio meeting 22での発表

「IIJmio meeting 22」において「 eSIMの動向と未来」という発表をしています。

内容は以下です。

  • eSIMの説明(機能と仕組み)
  • eSIMの使用モデル
  • eSIMの読み込みについて
  • eSIMの現状とこれから

発表されたことを簡単にまとめると…

eSIMの動向と未来 簡易まとめ

  • SIMカードの差し込みは、QRコードの読みとり作業になる
  • eSIMの規格は統一され利用には業界団体の認定を受ける必要がある
  • 海外では会話不要でQRコードによるプロファイル読み込みにより契約が完結する
  • WEBや遠隔操作、キオスク端末での契約対応が可能に
  • 特定の時間や場所で一時的に契約を提供できる(例えば遊園地やイベント会場など)

など、eSIMによりスマホの利便性が向上する未来が見えてきます。

特に興味深かったのはeSIMの利用ではSIM差し込みの代わりにQRコードが利用される点。利用の流れは下の様になります。

>eSIM契約の流れ

  1. QRコードの読みとり
  2. 端末のプロファイル専用メニュー上で、QRコードをかざす
  3. 端末にプロファイルがダウンロード
  4. APN設定を行う
  5. インターネット使用開始

どんどんeSIMが実用化される未来が見えてきています。

一般に発売されるのはまだ未定ですが近い将来ということは間違いないでしょう。

フルMVNOとは

フルMVNOとしてのIIJを分かり易く説明していきます。

今までMVNO(IIJなど格安SIMを提供する業者)はMNO(ドコモ、au、ソフトバンク)からSIMを提供してもらい、それに独自のサービスを付けて低価格で提供する方法でした。

しかし、フルMVNOになるとSIMを自らが製造業者に発注し作ってもらい、IIJと契約し、IIJの設備(加入者管理機能)を通してスマホなどの端末を使ってもらう事になります。

それでも、大元の電波を飛ばす設備はMNOから借りるので安くSIMを提供可能になります。

大元の設備以外の加入者管理やSIMの製造を自前でするのがフルMVNOという事になります。

フルMVNOになるメリット

フルMVNOになることでどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

1.柔軟なサービス提供形態

時間帯による通信の制限や、上りに特化した通信サービス等調整が簡単になる。

また、SIMも従来のモノに合わせ、大きさを選んで切り取れるSIMやeSIMの提供が可能になります。

2.グローバルなサービス

通信事業者データを書き換え可能なeSIMを利用した場合、海外に行った際に提携する通信事業者のデータに書き換え、国内に戻ったらIIJの設定に書き直すことができるよになります。

場所を気にせず簡単に設定が切り替わりスマホ等の端末が使えるようになるという事ですね。

3.SIMのライフサイクル

SIMカードへの書き込みや、利用停止を自由にできるようになります。

あらかじめ機器にSIMを入れておき必要になったらアクティブにする、不正な利用を防ぐために一時利用停止など様々なサービス展開が可能になります。

IIJでは第一弾で訪日外国人向けサービスを提供するようです。

 

逆にデメリットはサービスの幅が広がる分、手間や費用も上がるという事でしょう。

利用者側としては価格据え置きでサービス向上したらいいなと思いますが、そこはIIJに期待しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
格安SIM情報
フォローする
Imadoki.info 格安SIMとは 何だろう?

コメント