子どものiPhoneとフィルタリングアプリ!ベストな方法と時間制限アプリ!

子どもを守るために閲覧できるサイトやアプリの制限、利用時間の制限をするアプリをフィルタリングアプリといいます。

iPhoneやiPadのOSをiOSといいますがandroidとは仕様が違うため同じアプリでも使えない機能があったりします。

フィルタリングアプリの主な機能を使うにはどの方法がベストなのか、お教えします!

iPhoneで使うベストなフィルタリング方法

結論から言うとiPhoneで使うベストなフィルタリングは、、、iPhoneだけでOKです。

以前はiPhoneにはアプリの利用時間制限機能が不足していたのでフィルタリングアプリを利用する必要がありましたがiOS12になって、その機能も追加されました。(2018年9月)

今ではフィルタリングアプリでできること、ほぼ全てをiPhoneだけで補うことができます。

では、iPhoneのフィルタリング機能を見ていきましょう。

iPhoneのペアレンタルコントロール

iPhoneにはペアレンタルコントロールというフィルタリング・制限機能が付いています

メニューへ行くには「設定」→「一般」→「機能制限」→「機能制限を設定」の順となります。

ここで、機能制限を付けるときにパスコードの設定が必要ですが忘れるとデータをすべて消去して設定し直さなければいけないので絶対に忘れないようにしましょう。

 参考【公式】iPhone、iPad、iPod touch でペアレンタルコントロールを使う方法

利用できる機能

  • NEW!(iOS12より)使用状況把握、利用時間制限
  • 機能制限のオンオフ
  • アプリの使用、課金、インストール、削除制限
  • 不適切な表現のコンテンツへのアクセス制限
  • Safariブラウザからの指定した、またはアダルトサイト制限
  • 位置情報(友達を探す)や連絡先のプライバシー設定
    (友達を探す機能から特定の範囲出入り通知設定も可能)
     参考【公式】「友達をさがす」について
  • その他

iOS12へのアップデートで「スクリーンタイム」という使用状況の確認、利用時間制限ができる機能が追加されました。

 参考【公式】スクリーンタイムを使ってデバイスの使用状況を把握する

最新のiPhoneは高いですが子どもを守るために必要な機能が揃っており、お金に換えられない価値があるともいえます。

安く契約したい場合は、少し前の端末ですがiPhone6sならdocomo with対象でお得です。ゲームや連絡手段として使うにも十分な機能でしょう。

すでにiPhoneを持っていて更に安く利用したい場合は格安SIMがオススメ!

下でおすすめを紹介するのでチェックしてみて下さいね。

iPhoneに対応しているフィルタリングアプリ

もう必要ないかもしれませんが一応、iPhoneに対応したフィルタリングアプリも紹介しておきます。

アプリの方が使いやすい場合もあるのでお好みでどうぞ。

i-フィルター 格安SIMとセットでお得

定番のフィルタリングアプリです。利用時間制限があるのでiPhoneのペアレンタルコントロール機能のカバーもしっかりできます。

月額360円ですが、格安SIMのLINEモバイルを契約すると無料でこのアプリが利用できます。

月額を抑えたい方にはオススメの組み合わせです。

利用できる機能

  • 独自ブラウザでの閲覧ウェブサイト管理
  • 掲示板やチャットに対して書き込みを禁止
  • 購入ページをブロック
  • 利用状況の確認
  • インターネットの利用時間制限
    (時間帯、曜日、一日の利用時間の制限)
  • その他
  • 機能一覧

ノートンファミリー(30日間無償体験版あり)

時間の管理やその他の機能も充実しています。アプリの制限機能がないiPhoneのペアレンタルコントロールの機能と組み合わせればしたいことはほとんどカバーできるでしょう。

ノートンセキュリティプレミアムを買えば3台までPC、タブレット、スマホにかかわらずセキュリティやフィルタリングで保護してくれる。

3年版だと1台当たり約100円/月、1年版だと150円/月なので激安!!

利用できる機能

  • ウェブの監視(不適切なサイトを遮断したり、何を見ているか把握できる)
  • 時間の監視(利用時間を設定したり、利用時間を把握できる)
  • 位置状況の監視(30日以内の行動範囲履歴の表示)
  • 利用履歴
  • 個人情報保護
  • その他
  • 機能一覧(無償体験版もコチラ)

あんしんフィルター

docomo、au、SoftBank、Y!mobileUQmobileが無料で提供しているフィルタリングアプリです。

利用時間の制限はライフスタイルに合わせ曜日ごとに設定可能です。

※AppStoreからダウンロードしたアプリのみ制限可。iOS標準アプリ(電話、メール、メッセージなど)は制限できません。

利用できる機能

  • 不適切なサイトの制限
  • 利用時間の管理
  • 利用状況の確認
  • 位置検索
  • その他
契約する前に

それぞれのフィルタリングアプリに違いがあるので、抑えておきたい機能は事前に使えるかチェックしてから購入するようにしましょう。

さらに、アップデートによって今まで使えなかった機能が使えるようなっている場合があるので確認してみよう。

子どものiPhoneにおすすめの格安SIM

無料でアプリが使える会社や子供を守ることに特化した格安SIMがあります。

お得に安全に利用できる格安SIMを検討してみましょう!

利用の際にはSIMロック解除しないと使えない場合もあるので端末との相性も気にして下さいね。

LINEモバイル

LINEモバイル

「i-フィルター」が無料で利用できるのでお財布にも優しく安心感もあります。

さらに、子どもには嬉しいサービスで、以下人気SNS使い放題が基本料金に含まれています

最安プランは月額500円1GBのデータ容量でLINE使い放題なので連絡手段として考えている親御様にもお勧めです。

UQモバイル

あんしんフィルターが無料で利用可能です。

UQモバイルは通信速度が速く、大手キャリア並みの快適さでネットが利用できます。

オススメは音声通話SIM 3GBプランで1680円で使えるので品質を考えると安いでしょう。

TONE

これはオススメではなく参考情報です。

TONEからiPhone用の格安SIMが提供されています。

ただし、iOS12になってiPhoneの方が高機能な印象で、通信速度も速くないSIMなので余りメリットはないかもしれません。

よく、子ども用にオススメということでTONEが紹介されていますが、iPhoneの場合は料金も高くなり、おすすめはできません

TONEを利用するなら小学生低学年や年配の方で、TONEの端末を使って利用することをおすすめします。

利用できる機能

  • ウェブ閲覧制限
  • 居場所確認(所定の場所に出入りした際、親に通知する機能含む)
  • アプリ制限
  • 時間制限※1
  • その他

まとめ

iOS12へアップデートされたことで、フィルタリング機能がかなり強化されました。

結果、フィルタリングアプリいらずになってより便利にiPhoneを使えるようになっています。

しかし、制限機能をただ使えばいいというわけではありません。

親子で話し合いルールを決めてから制限をするようにするのがオススメです。

あまりに制限をかけすぎると親子関係が険悪になりかねないですしね^^;

子どもの安全を守りつつ、自立を促すように話し合いが出来ればとってもいいですね!

自分の家庭にあったルールを見つけて楽しく毎日を過ごしましょう。

【まとめ】子どものスマホデビュー!格安SIMと使い方・注意点
今や子どもがスマホを使うのは当たり前の時代。 とはいえ、トラブルも多いのでスマホを与える場合にはしっかりと子どもの安全を守るための対策をとりましょう。 親子で安心、便利にスマホを使うルール決めから、フィルタリングアプリのインストール...