mineo(マイネオ)の評判 メリット・デメリット徹底評価!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
mineoの現行キャンペーン情報!!
もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン!
音声SIM契約で6カ月間月額基本料から900円割引!(~2018/5/8)
家族・友達などの紹介で契約した方にAmazonギフト券2,000円分をプレゼント!
(~2018/3/28)
mineoでんわ 10分かけ放題 最大2カ月無料キャンペーン!
(~2018/3/28)

mineoロゴ

顧客総合満足度や数々の賞をもらい完成度の高い格安SIMのmineo。

auとdocomo、両方の格安simを取り扱う会社として、選ぶ上では外せない選択肢となっています。

各種サービスやプランも豊富で初めての方にも選びやすい格安SIMです。

auの携帯を使っている人はまず候補に上がると思うので、どんなプランやサービスがあるかじっくり見ていこう!

公式サイト mineo

料金 (4/5)
回線速度 (4/5)
使い易さ (4/5)
その他*1 (4/5)
総合評価 (4/5)

*1 各SIMの特性を評価する項目です。このSIMはその他=キャンペーン、マルチキャリアサービスです!

☆mineoの良い点☆

  • au,docomoの格安SIMを販売している
  • 無料で月1GBまでもらえるサービスがある
  • mineoユーザー同士でデータ量を分け合える
  • マイネ王という公式コニュニティーサイトで分からない事はスタッフやユーザーに質問できる
  • 最低利用期間がない

★mineoのイマイチな点★

  • auのiPhoneではテザリングできない
  • auのVoLTE端末はSIMロック解除しないといけない

mineo の基本情報

初期費用 3000円 低速高速切替 速度切替◯
高速通信時の速度 最大225Mbps プラン変更 毎月可能
速度制限時 200kbps以下 決済方法 クレジットカードのみ
公衆無線LANの利用 × 使用回線 au,docomo
余った容量の繰越 SMS料金 無料 (docomoは120円)
最低
利用
期間
音声sim なし 通話
料金
通常 20円/30秒
データsim なし アプリ使用時 18円/60秒 LaLa Call
解約金

 –

パケット
チャージ
150円/100MB

なし。
ただし、12ヶ月以内に
MNP転出の場合は
11500円がかかる

留守番電話
迷惑電話撃退
三者通話
300円/月
100円/月
200円/月

その他、有料のセキュリティサービスや端末サポートサービスも有り。

auの格安SIMを使う場合の注意

auでVoLTE対応端末を使う場合、注意が必要でそれは以下の通り

  • VoLTE対応のSIMを挿す事が必要
  • auのVoLTE対応端末の場合はSIMロックは解除しなければならない

ご自身でauの格安SIM用スマホを用意される場合は必ず利用可能かどうか確認してから格安SIMを申し込むようにしましょう。

mineoのau動作確認端末一覧リンクを貼っておきます。

格安SIMでiPhoneを使う予定の人はご自身の目で確認してからにしておきましょう。

mineoの料金プラン

シングルタイプ(データ通信専用SIM)
docomo au
500MB 700円 700円
1GB 800円 800円
3GB 900円 900円
5GB 1580円 1580円
10GB 2520円 2520円
デュアルタイプ(音声通話SIM)
500MB 1400円 1310円
1GB 1500円 1410円
3GB 1600円 1510円
5GB 2280円 2190円
10GB 3220円 3130円

シングルプランsms付きはドコモ+120円/月、auは既に付いており追加料金なし!!

また、家族割・複数回線割で回線毎に50円引きもあるので家族で変更する場合もお得!

こんな人はmineoがおすすめ!

mineoはこんな人におすすめ!

  • auの端末を格安SIMで使いたい人
  • 家族みんなで乗り換えたい人
  • 友達がmineoを使っておりデータ量を分け合いたい人
  • 使い方が分からないときは気軽に聞きたい人
  • データ量を使いすぎて気にしながら使っている人
  • お試しで格安SIMを使ってみたい人

印象として周りの人がmineoだとより便利に使えそうですね!

mineo のメリット

au,docomoの格安SIMを取り扱う会社をマルチキャリアサービスと呼びます。マルチキャリアサービスとなる事で何が変わって何がメリットなのかを知って賢い選択をしましょう!

auのスマホがそのまま使える

mineoではauの格安SIMを提供しておりauのスマホに挿せば、そのスマホが使えるようになります。(androidスマホでVoLTE対応の場合はSIMロック解除の必要があります)

詳しくは以下リンクで

au端末を格安SIMで使う場合の注意点

ただし3G回線ではデータ通信できないので古い端末では利用できない可能性があります。

auのスマホをそのまま使う予定のある方は申し込み前にau動作確認端末一覧リンクを見ておきましょう。

データ量のシェアが簡単

パケットシェアmineo同士の場合は『パケットシェア』がとっても簡単で便利!繰り越したデータ容量をみんなで分け合えます。

mineo同士だとauとdocomoの格安SIM関係なくパケットシェアが可能です。

パケットギフト家族でのシェアはもちろん、友達とでも『パケットギフト』で誰とでもカンタンにパケットを分け合えます。

家族や友達がmineoを使っているなら合わせてmineoを使うのもいいかもしれませんね。

複数枚SIMを使う場合の割引

mineo家族割家族でも一人でも、複数枚の格安SIMを契約する場合は毎月の使用料から1回線につき-50円の利用料が割引かれます

割引回線は最大5回線までで家族の割の場合は離れて暮らす家族でもOK
(複数回線割と家族割の併用はできず家族割が優先されます。)

みんなで使えばお得が広がります!

公式コニュニティーサイトでのサポート

マイネ王mineoには公式コミュニティーサイトの「マイネ王」があり、そこで質問をすればスタッフやユーザーが答えてくれるのでわからない事も気軽に質問する事ができます。

コミュニティサイトなのでいろんなトピックの掲示板やレビューなどがありユーザー同士でコミュニケーションがとれるのも面白いです。

誰でも見ることが出来るので一度覗いてみてもいいでしょう。

フリータンクでデータ通信量がもらえる

上で紹介したマイネ王で「フリータンク」というmineoユーザーが使えるデータの貯蔵庫があります。

自分のデータが余った時はタンクに入れて、足りないときは1GB/月まで無料で引き出すことができます

自分のデータを使い切ってしまった時にはありがたいサービスです。

mineo間で通信キャリア変更がカンタン!

mineoSIM間での docomo  <-> au の格安SIM変更が2000円で済んでしまいます。

例えば、auの格安SIMをつかっていたけどスマホが壊れたし、使いたいスマホがdocomo用しかないからdocomoの格安SIMにしよう!という場合に便利ですよね。

一度解約したりMNP(番号そのまま乗り換え)して格安SIMをかえたら手数料で5,000円はかかるので変更の予定があるかもしれない場合はこの事も考慮しておきましょう。

最低利用期間という縛りがない

他の格安SIMではだいたい音声SIMには一年間の最低利用期間が設定してあり、それ以内に解約すると解約金がかかるようになっています。

mineoでは最低利用期間がなくいつでも解約できる状態となっています。気軽に始められて気に入らなければ辞められるのでリスクがなくいいですね!お試しで使ってみるのもいいでしょう。

ただし、12ヶ月以内のMNPの場合は転出料が11,500円がかかるので気を付けておきましょう。

メールアドレス「@mineo.jp」

mineoの場合、無料で@mineo.jpのメールアドレスが一つ使える

従来のキャリアメール感覚で使えるので必要な方にはうれしい機能。

PCのgmailやYahoo!mailの様なフリーメールは嫌という方、使い方やセキュリティが不安な方にも合っていますよ。

とはいえ最近はLINEでのやりとりがほとんどであまりメールアドレスは利用しなくなってきているます。フリーメールもスマホの交換や通信会社に関係なく使っていけるのでこの際に変更を考えるのもいいかもしれません。

独自アプリがある

データ残量の確認、高速低速切替、データ容量のチャージができるアプリ

mineoスイッチ
mineoスイッチ
Developer: K-Opticom
Price: Free

データ容量を節約したい方にはピッタリのアプリですね!

MNPが自宅で可能

MNPをしたい場合は自宅から簡単に自分のタイミングで切り替えられるのでお忙しい方や、自宅から離れにくい方でも簡単に変更ができるようになっています。

手順を簡単に説明すると、

  • MNP予約番号を現在使っているキャリア(docomo,au,SoftBank)から発行
  • ネットでmineoに申し込み→自宅に書類、SIMが届く
  • ネットから回線切り替え手続きを済ます
  • 数十分まてば切り替え完了
  • あとはSIMを挿して使うだけ!

mineoのデメリット

3G回線でのデータ通信はできない(au回線のみ)

au系のMVNOでは残念ながら3G回線でデータ通信ができない、LTEのみになるのでたまに電波の弱い場所や完全に使えない場所があったりする。通話は3G回線を使っているのでauの広いエリアで従来通りに通話可能だ。

通話オプションが少し高い

mineoでは3種類の通話オプションが用意されている。以下は料金と内容。

  月額 内容
5分かけ放題 850円 5分以内の国内通話が定額でかけ放題
通話定額30 840円 最大30分定額で通話できる
通話定額60 1680円 最大60分定額で通話できる

5分かけ放題だと5分以内の通話で月42分以上の通話でお得になるので細々した電話が多い人にはいいでしょう。(10円/30秒で計算)

通話定額では完全に割高なのでやめておきましょう。

かわりに通話アプリを入れておくと通常20円/30秒が半額の10円/30秒で通話できるのでそちらをお勧めします。

mineoの純正アプリがないので代わりに「楽天でんわ」がおすすめ。楽天でんわはお使いの電話番号で通話量が半額になるアプリ。電話回線を使っての通話なので音声もクリアです。

mineoですすめている電話アプリは「LaLaCall」ですが、050の電話番号で8円/30秒で通話するようになる。LaLaCall同士は無料。月額100円で100円分の通話無料がついた通話する人には実質無料のサービスです。

やはり手軽さで楽天でんわをおすすめしますが、LaLaCallはデータ通信のみの契約の方には安価で電話番号も手に入るのでお勧めです。

App Store

au回線 その他格安SIMとの比較

au回線を提供している格安SIMは現在mineo、UQmobile、IIJmioの3社です。

それぞれ特徴がありどの格安SIMがいいとは言えませんが、一番の特徴を挙げていくと

  • mineoは料金が安く始めやすい
  • UQmobileは通信速度が速く高品質
  • IIJmioは安定した格安SIM

という感じです。

もっと細かく比較した情報が欲しい方は以下のページをチェック

au系mvno 格安sim徹底比較! 安い&おすすめなのはコレだ!

mineoのスマホ

HUAWEI P10 lite

税抜27,600円

ディスプレイ:5.2インチ
ROM:32GB
RAM:3GB
バッテリー:3,000mAh
カメラ:メイン1,200万画素 フロント800万画素

この価格帯では王者にすでに王者に君臨しているといっても過言ではなくなったHUAWEI。故障や不具合も少なく高機能なので入門機にもバリバリ使っていきたい人にもおすすめできる端末になっています。

AQUOS sense lite SH-M05

税抜33,000円

画面サイズ:5.0インチ
ROM:32GB
RAM:3GB
カメラ:メイン1310万画素 フロント500万画素
バッテリー容量:2,580mAh

おサイフケータイや・防水防塵機能がついており日本仕様のスマホが欲しい人にオススメできる端末。使いやすく、頑丈な端末です。画面が濡れても操作でき、キッチンなどの水場でも活躍してくれます!最近はこの価格帯でもcpu性能が向上してきているのでキビキビと動いてくれて普段使いで困ることはないでしょう。オススメの端末です!

ZenFone 4 MAX
驚きのコストパフォーマンス!

税抜23,280円

画面サイズ:約5.2インチ
ROM:32GB
RAM:3GB
カメラ:メイン1300+500万画素 
フロント800万画素
バッテリー容量:4,100mAh

この価格帯でカメラがダブルレンズだったりバッテリーが4100mAhで他の端末の充電ができたり、2枚SIMが挿せたりと幅広い使用用途が考えられる端末。価格から考えるとめちゃくちゃコストパフォーマンスがいいです。オススメ!

ZenFone4

ZenFone 4

税抜56,400円

画面サイズ:約5.5インチ
ROM:64GB
RAM:6GB
カメラ:メイン1200万+800万画素 
フロント800万画素
バッテリー容量:3,300mAh

なんとパソコン並みの6GBものメモリを搭載したハイスペックモデル。ソニーのセンサーを搭載したデュアルレンズのカメラも見逃せない。ただ、価格もそれなりにするのでゲームをしたり沢山画面を開いておいたりとガシガシ、スマホを使う人向け。メモリが少なくてスマホがの動作がサクサクいかないといった経験のある方にはおすすめです!前面にデュアルレンズを搭載したSelfie Proも販売中です!

HUAWEI novaHUAWEI nova
タイプAを選択の方に

税抜33,600円

画面サイズ:約5.0インチ
ROM:32GB
RAM:3GB
カメラ:メイン1200万画素 フロント800万画素
バッテリー容量:3,020mAh

タイプAのauの格安をお選びの方にはコチラがおすすめ。綺麗なボディのハイスペックスマホ!CPUにSnapdragon 625が搭載されており、メモリも3GBで重たい動作もこなしてくれます。もちろん指紋認証付き!

セット販売の端末をみているとmineoの端末は少し割高なので、もし可能なら自身で端末を用意した方が少し安く済みます。以下のページからチェックしてみて下さいね。

もっと選択肢を!スマホとセットで購入を考えている方に
最新 おすすめsimフリー 格安スマホ!!セットで購入するならコレ!

白ロムの事が分かる方はコチラもおすすめ! 白ロムとは?

docomo 厳選お買い得白ロムから選ぶ!格安SIMに最適な一台!

mineo の通信速度

他の格安SIMと同じようにお昼の時間帯は多少の混雑はしますが、それ以外は快適に使えます。速度面でも評判のいいSIMなのでオススメ!

au系のsimではライバルのUQmobileと比べると速度の面では少し見劣りしてしまいますが、大きなデータ通信を必要とする場面以外では困る事はないでしょう。

mineo の評判・評価

お客様満足度の高いmineoですが、どういった点がよくて満足度が高いのでしょうか?

それは、料金がやすく品質も安定しており公式コミュニティーサイトのマイネ王などでのサポート体制など総合的に良いからでしょう。とくに欠点らしい欠点のないところがいいですね!

さらに最低利用期間なしで気軽にお試しで使えるのも魅力!

auとdocomo両方の格安SIMが利用できるので、スマホをすでに持っている人はすごく安くスタートできます。

独自サービスのフリータンクなどデータ通信量が無料でもらえたりとメリットが沢山です。

基本的なスマホを使うための通話や通信速度等の機能もしっかりしていておススメです!

一度公式サイトでチェックしてみましょう!

 もっと知る!または申し込みはコチラ♪

もっと探す!今、旬な格安SIMをご紹介!
【格安SIM】ランキング&利用状況でおススメ! 探し物はコレでしょ?! 

全てのSIMを一気に比較!
一括検索!Docomo系mnvo 音声通話sim比較!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする