大手キャリアから格安SIMへ乗り換え!番号そのままMNPする手順!

格安SIMにmnp乗り換え

ドコモ、au、ソフトバンクのどれかを使っていて、番号をそのままに他の会社のスマホに乗り換えて契約して使うことをMNPと言います

ここでは乗り換えの方法と手順、それに掛かる費用、決めるべきことを解説していきます。

自分にあった格安SIMを選び、安く快適にスマホを利用するための参考にしてくださいね!

乗り換え(MNP)する手順と費用

ドコモ・au・ソフトバンクどの会社のスマホを使っていても手順は同じです。

下の手順をみて全体の流れを確認してみましょう。

格安SIMへMNP(乗り換え)する時の手順
  1. 使っているスマホの更新月を確認する
  2. 溜まったポイントがあれば使い切る
  3. gmailアカウントの作成
  4. 格安SIMとスマホを選ぶ
  5. 必要書類を用意する
  6. 格安SIM申し込み時にMNP手続きをする
  7. 届いた格安SIM・スマホを付属の書類に従って設定

という流れになります。

まずは、費用から見てみましょう。

MNP(乗り換え)にかかる費用

MNPに掛かる諸費用は以下です。

手数料 費用

  1. 契約事務手数料 3000円(契約する格安SIMにもよる)
  2. MNP転出手数料 docomo 2000円, au,SoftBank 3000円
  3. 更新月以外の場合は契約解除料(解約金)docomo,au,SoftBank 9,500円

更新月に乗り換えれば6,000円で済むことになります。

スマホ本体の残債が残っている場合は月々支払っていく事になります。

では、MNP手続きの作業を順を追って見てみましょう。

更新月の確認をする

大手キャリアのdocomo,au,SoftBankには更新月という月が存在します。

更新月とはその月に解約、または乗り換えすると契約解除料が掛からない月のことで、契約した月の翌月から2年後の2ヶ月間が更新月となります。分かりにくいので、図を見てください。

キャリア更新月

それぞれの会社で微妙に内容が違うので確認方法や連絡先を書いておきます。

ドコモの更新月の確認

ドコモ携帯から  : 151

固定電話から   : 0120-800-000

受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)

PC・スマホから : My docomo

「ご契約内容確認・変更」を確認しましょう。契約満了月の翌月と翌々月が更新月です。

auの更新月の確認

au携帯電話から : 157
固定電話から     : 0077-7-111

受付時間:午前9時~午後8時

スマホ・PCから : My au

「料金/割引サービス」の項目に「次回更新年月(更新月/更新期間)」が記載されています。

ソフトバンクの更新月の確認

ソフトバンク携帯から : 157

固定電話から     : 0800-919-0157

受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)

パソコン・スマホから : My SoftBank LINEでも可能

更新月が2ヶ月以上先の場合は大手キャリアを解約して格安SIMにしてしまった方が、トータルでお得になる場合があります。

更新月までの格安SIMの料金と今の月額料金を比べてみましょう。

メール、スマホ、格安SIMの準備

MNPをすることに決めたら、必要書類の準備を始めましょう。

MNPの事前準備

gmailアカウントの作成

今使っているメールがdocomo、au、softbankのアドレスのいずれかの場合、MNP(乗り換え)をすることで自動解約となりメールアドレスが消失してしまいます。

その前に、Googleのサービス Gmailを作っておきましょう。

申し込み時に格安SIMの通知メールを受け取ったり、これからのメインのメールアドレスにもできますし、もちろん無料です。

作ったgmailアドレスはインターネットが使える環境であればどこでも使えるので便利ですよ♪

スマホと格安SIMの準備

スマホの決め方は3つ方法があります。

  • 格安SIMとセットで購入する(一番簡単でおすすめ)
  • 今まで使ってきたスマホを利用する
  • 自分でスマホを購入・用意する

それぞれの方法を確認してみましょう。

そして、スマホに合わせて格安SIMを決めていきましょう。

格安SIMとセットで購入する

乗り換えで番号だけを引き継いで、格安SIMとスマホのセットで申し込む方法です。

最新の格安スマホ2~3万円で高性能な機種が購入できます。

当サイトではHUAWEIというメーカーのスマホをお勧めしています。HUAWEIは中国製ですが一昔前と違い壊れにくく安価、そして高機能です。最近ではiPhoneの出荷台数を抜いたと話題になりました。

はじめてのスマホにもおすすめなのでHUAWEIの最新で2~3万円の機種を選べば満足できるでしょう。

スマホセットの場合、ドコモ系格安SIMがオススメ

スマホも新しくして契約するなら幅広いプランがあるドコモ系の格安SIMがオススメです。

下のランキングページを参考にお選びください。

【まとめ】2018人気おすすめ格安SIMの紹介・比較ランキング!
各大手キャリア回線の格安SIMをランキングとそれぞれの特徴でご紹介します。 料金や機能の比較をしたページのリンクも貼っておくので、どの格安SIMにしようか迷う人はチェックして自分に合ったSIMを見つけて下さいね。 迷ったときは人気の…

今まで使ってきたスマホを利用する

キャリア製のスマホを使うときは格安SIMとの相性を考える必要があります。

SIMロック解除をすればSIM回線の種類に関係なく利用可能ですが、周波数の関係で相性を考えた方がいいのは変わりません。

SIMロック解除とは

契約した会社とは違う、他の会社のSIMでもスマホを使えるようにすることをSIMロック解除といいます。

通常ドコモで購入したスマホはドコモのSIMしか使えませんが、au、ソフトバンク、または海外の会社など、どの会社のSIMでも使えるようになります。

  • SIMロック解除をしておこう

大手キャリアと契約中に手続きをすれば無料でSIMロックを解除できます。

契約解除後は100日以内だと、まだSIMロック解除できますが3,000円の手数料が掛かります。

キャリア別スマホの対応方法を書いておきます。

ドコモスマホの場合

ドコモスマホの場合はとっても簡単!

ドコモ回線を利用している格安SIMを差し込めばそれだけで利用できます。

SIMロック解除は必要ありません。

→ドコモ系格安SIM料金比較ページ

auスマホの場合

auスマホはau回線の格安SIMで使うのがおすすめ。

SIMロック解除なしで使えるもの、使えないものが分かれているので慎重に調べましょう。(SIMロック解除すれば使えます)

au回線を持っているmineoの動作確認端末一覧で利用できるか見てみましょう。

料金確認はコチラから → mineo Aプラン

→au系格安SIM料金比較ページ

ソフトバンクスマホの場合

ソフトバンクスマホはソフトバンク回線の格安SIMでSIMロック解除なしに一部利用できます。

SIMロックを解除すればドコモ回線でも利用できますが、ソフトバンク系の格安SIMを使う方が相性は良いです。

対応表を張っておきます。

ソフトバンクから
販売の端末
ソフトバンク系
格安SIM
SIMロック解除なしで使う条件
android端末LINE MOBILE
nuro mobile
2017年8月以降に発売された端末
iPhoneb-mobile
LINE MOBILE
QTmobile
nuro mobile
U-mobile
iPhone5S以降の端末
(一部iPhone5~)
iPadb-mobile
QTmobile
U-mobile
SIMスロット付の全端末
LINE MOBILE
nuro mobile
2018年発売のiPad(第6世代)

→ソフトバンク系格安SIM料金比較

自分でスマホを購入・用意する

スマホを自分で用意する場合は、ある程度の知識があるか、調べてから購入するようにしましょう。

相性が悪いと使えない可能性もあるので慎重に選んでください。

格安スマホを探しているならSIMフリー端末を集めた以下のページが参考になるでしょう。

【2018夏】 おすすめsimフリー 格安スマホ!!セットで購入するならコレ!
最新のsimフリースマートフォンをまとめています! ここで紹介している機種は格安SIMとセットで販売されている事も多いので、気に入った機種があればセットで購入するのがオススメです! 知識がなくて、どのスマホにしたらいいか分からない。。。...

MNPに必要な書類一覧

ここでは格安SIMにMNPするための必要書類を見ていきたいと思います。

必要なのは以下の3つ。

必要書類一式

それぞれ説明します。

MNP予約番号

まず、格安SIMに番号そのまま乗り換えるにはMNP予約番号を貰わなければいけません。

取得方法は、今使っている大手キャリアに電話、ネットから、または店舗へ出向いて「MNP予約番号を取りたい」と伝えましょう。

MNP予約番号の有効期限は取得日を含めて15日間なので期限内に格安SIMに申し込みしましょう。

今まで使っていたキャリアは新しい契約先に乗り換えた時点で自動的に契約解除となります。

各大手キャリアのMNP予約番号の取得方法は以下でご確認ください。

ドコモauソフトバンク
1. 電話でとる(通話無料)

docomo携帯から
151

固定電話から
0120-800-000

受付時間
午前9時~午後8時(年中無休)

au携帯電話・一般電話共通
0077-75470

受付時間
午前9時~午後8時(年中無休)

ソフトバンク携帯から
*5533
固定電話から
0800-100-5533

受付時間
午前9時~午後8時(年中無休)

2. ネットでとる

PC・スマホから

  1. My docomoログイン
  2. My docomoサービス一
  3. 各種お申込・お手続き一覧
  4. ご契約内容確認・変更
  5. 携帯電話番号ポータビリティ予約

[受付時間] 9:00~21:30

と進めば取得完了です。

ガラケーでとる
(スマホ非対応)

 1.EZボタン
 2.トップメニューまたはauポータルトップ 
 3.My au 
 4. 申し込む/変更する 
 5.au携帯電話番号ポータビリティー(MNP) 

[受付時間] 9:00~21:30

と進めば取得完了です。

ガラケーでとる
(スマホ非対応)

  1. 設定・申込
  2. 設定・変更
  3. 契約者情報の変更
  4. 番号ポータビリティ予約関連手続き
  5. 番号ポータビリテリティ予約(予約番号の発行)

[受付時間] 9:00~21:30

と進めば取得完了です。

3. 近所のショップに行って取得する

クレジットカード

今やほぼ全ての格安SIMでクレジットカード支払となっているので持っておいた方がいいでしょう。どうしても持ちたくないかたは楽天モバイルで口座振替が選べます。

ネットにクレジットカードを登録するのが嫌だ、という方以外はやっぱりクレジットカードが便利!

余談ですがお得なクレジットカードをご紹介します。

おすすめのクレジットカード

おすすめクレジットカードはやはり楽天カード

メリットとして入会時の数千ポイントのプレゼントは大きいです。

スマホを持っていない方はポイントをスマホ代に充ててもいいでしょう。

楽天モバイルを契約する場合は使用料からのポイント付与はもちろん楽天市場での買い物でポイント+1%が常に貰えるようになります!(音声SIM契約時)

楽天モバイル以外でも100円で1ポイント付与なのでポイントが溜まりやすくおススメです。

本人確認書類

運転免許書、パスポート、健康保険証、個人番号カードなどが有効な本人確認書類となります。

090の番号がついた音声SIMではなく、データSIMの場合は本人確認書類が原則不要です。

格安SIMにMNPを申し込み

さあ、やっとここまで来ました!

決めておいた格安SIMのウェブサイトにいき、申し込みを始めましょう。

そこでMNP予約番号や本人確認書類の提示、支払方法の選択、メールアドレス入力と、いままでに準備したモノが必要になってきます。

あとは自分の希望に従って項目を埋めていけば申し込み完了!

お疲れさまでした。

格安SIM申し込み

申し込み後は格安SIM、またはスマホセットが届くのを待って、同封されている資料を見ながら設定すればすぐにスマホが利用できるようになります。

契約者が未成年の場合

LINEモバイル、mineoでは18歳未満の場合、許可があれば契約できます、しかしその場合、子供名義のクレジットカードが必要になります。その他ほとんどの格安SIMでは20歳未満だと契約すらできません。

持っている端末が未成年名義の場合、親名義にしてMNPする必要がある

未成年の携帯、またはスマホをMNPする場合、格安SIM申し込み前に登録を親名義にして親のクレジットカードで申し込みする必要があります。

まとめ

たくさんする事があるように感じますが、以下の4つを進めるだけです。

  1. 更新月の確認
  2. スマホ・格安SIMを決める (参考ページ
  3. 必要なものを揃える(MNP番号+クレジットカード+本人確認書類)
  4. 格安SIMを申し込む

そんなに難しくないと思うので気軽にチャレンジしてみてくださいね。

そして、安く便利にスマホを使いましょう!

コメント