格安スマホ・格安SIMの通話料を安く!おすすめ通話アプリ節約術!通話オプション比較!

格安スマホ・格安SIMの通話料を安く! 節約方法と通話オプション比較!

格安スマホ・格安SIMの通話料は高い?かけ放題プランは?お得に使う方法は?

そんな疑問にお答えするためにスマホをどう使うのがいいのか、どうすればいいのかまで全てお答えします。

格安スマホ・SIMで番号を使った通話をすると料金が高くつきデメリットになると言われますが、それを解消し、自分に合った使い方でストレスなく通話機能を利用しましょう。

格安スマホ・格安SIMの通話

まずは、格安スマホ・格安SIMの通話料金を知っておきましょう。

格安スマホ・格安SIMの通話料金は通常20円/30秒で対策を何もしない場合、

  • 10分 / 400円
  • 1時間 / 2,400円
  • 1ヶ月間毎日10分電話した場合(5時間) / 12,000円

と料金がかかります。

よく電話する人には高すぎる金額ですね。

でも、安心してください。安く通話できる方法をご紹介します。

格安スマホ・格安SIMの通話料 簡単比較表

格安スマホ・格安SIMを使うときに便利な5つの通話節約方法を簡単比較表でご紹介します。

この表では簡単にそれぞれの特徴を説明しますので自分の利用法に合っているか判断し、利用したい場合は下の項へ行き、さらに詳しい解説を読んで参考にして下さい。
チャットアプリ以外は番号を使った通話となります。
節約方法内容料金
通話アプリ格安SIMを発行している会社が提供している通話アプリを利用する。月額無料
通話料9~10円/30秒
通話オプション格安SIMの通話オプションを利用する。
10分間かけ放題といった時間限定のかけ放題が主流。無制限かけ放題もあります。
月額850円程度
通話料は時間内無料
チャットアプリLINEやスカイプ等のチャットアプリを入れて通話する。月額・通話料共に無料
050IP電話050番号を取得して通話する。月額無料~300円
通話料はアプリによる
ガラケースマホ2台持ガラケーとスマホ2台持ちで番号通話をする際はガラケーの無制限かけ放題を利用する。月額2,500円~
通話料無料

使い方別、それぞれのオススメ方法

使い方用途オススメ方法
データSIMプライベート050IP電話 or LINE
ほとんど電話しないプライベート/仕事通話アプリ or LINE
頻繁に10分以内の通話プライベート/仕事通話オプション or LINE
決まった相手と長電話
(3人以内)
プライベート/仕事OCNモバイル or LINE
頻繁に長時間の通話プライベート/仕事2台持ち, Y!mobile, 
大手キャリア or LINE

格安SIM会社が作った通話アプリを利用

それぞれの格安SIM会社は自社で通話アプリを作り通話料金を下げる対策をしています。

そのアプリ経由で電話すると通常の通話料金の半額9~10円/30秒で電話できるようになっています。

しかもアプリは無料で利用です

短い通話を時々する方に向けでしょう。

自分が利用している、または利用予定の格安SIMの通話アプリをGooglePlayで探してみましょう。

格安SIMの会社名で検索すると出てくるはずです。

この通話アプリでは、相手の電話番号の前にプレフィックス番号という識別番号を付けることで通話料金を安くしています。プレフィックス番号はアプリを使って電話を掛けることで自動的に付くようになっています。

通話品質も電話回線を使っているので普通の通話とほぼ同じです。

プレフィックス番号とは

通話料金を安くするために通常の電話番号の前に入る、定められた番号の事です。
プレフィックス番号を付け、自社で用意した通話設備を中継することで通話料金を安くしています。

番号通知について

 ほとんどのアプリで番号通知対応済みです。
一部のアプリにて、NTT固定電話に非通知設定となるものがあるようです。

適用されない番号
110番、118番、119番、ナビダイヤル、留守電などの専用ダイヤル、災害用伝言ダイヤル等、一部の電話番号には適用されません。

もし利用したい格安SIM会社に通話アプリがない場合は、会社に関係なく利用できるG-callというアプリを利用しましょう。

通話料9円/30秒でオプションに10分かけ放題もあります。

電話サービスG-Call

電話サービスG-Call

gap Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

格安SIM各社の通話オプション比較

格安SIM会社がそれぞれ有料で通話オプションサービスを提供しているので、それを利用しましょう。

代表的なオプションは5分かけ放題、10分かけ放題など時間が限定されたかけ放題サービスです。

決まった時間を頻繁に通話する方に向いています。

その他にも独自の通話サービスを展開する会社もあります。

下で人気SIMと通話オプションに特徴のある格安SIMを集めて表にしました!

比較の際にご利用ください。

※かけ放題等の通話オプションは通話アプリを使って利用することになります。ご利用の際は、各社の通話アプリをダウンロードしてお使いください。

 通話アプリ通話オプション/月額無料通話超過後
の料金
OCNモバイルONE・10分かけ放題/850円
・トップ3かけ放題/850円注目!
(3つの番号に無制限かけ放題)
・かけ放題ダブル/1,300円
(上の2つを足したプラン)
10円/30秒
UQモバイル基本料+通話+データのコミコミプラン
・5分かけ放題
・60・120・180分込/月
20円/30秒
Y!mobile・基本料に10分かけ放題含む
・無制限かけ放題/1,000円
20円/30秒
QTモバイル・10分かけ放題/850円
・無制限かけ放題/2,500円
15円/30秒
BIGLOBE・3分かけ放題/600円・10分かけ放題/830円
・通話パック60/600円・通話パック90/830円
オプションを月末に申し込んでも月初分から適応
9円/30秒

IIJmio・3分かけ放題(家族10分)/600円
・10分かけ放題(家族30分)/830円
10円/30秒
家族なら
8円/30秒
DMMモバイル・10分かけ放題/850円
・SNSフリー/250円
10円/30秒
LINEモバイル・10分かけ放題/880円
・SNS料金が基本料に込み
10円/30秒
mineo
楽天モバイル
イオンモバイル
・10分かけ放題/850円10円/30秒
b-mobile・5分かけ放題/500円10円/30秒

LINEを使っての通話料節約が一番の近道

スマホで便利なのがアプリをインストールできる点です。

LINEやSkypeといったチャットアプリを入れることで無料で通話可能です。

音質も驚くほどにクリアです。(通信環境にもよります)

通話にデータ通信を必要としますが低用量で通話可能なので心配する程ではないでしょう。

また、家でWiFiを利用しての通話ならデータ通信も気にせず利用できます。外で通話する場合もLINEモバイルを利用すれば基本料にSNSデータ通信量が含まれているので完全無料で利用可能です。

電話を繋ぎっぱなしにしたり長時間通話をしたい方、データ通信SIMを利用している方に向いています。

チャットアプリは色々な種類がありますがここでは一番人気のLINEについて書いていきます。

LINE

LINE

LINE Corporation無料posted withアプリーチ

LINEはメールより手軽にメッセージがやり取りできて、気軽に連絡がとれます。スタンプと言われるかわいいイラストや写真、動画も送信可能です。

今回の目的である通話料金に関しても、多少のデータ通信を消費しますが非常に安価で高品質な通話が可能です。

相手の顔を見て話せるビデオ通話もあります。

また、LINE同士だけでなく固定電話や携帯電話の番号に発信できるLINE Outという機能もあります。(課金が必要)

スマホを持っているほぼ全ての人がLINEを利用しているので、通話料を浮かせたい場合は必ず入れておきたいアプリです。

LINEが提供しているLINEモバイルのSIMを使えば基本料にLINEのデータ通信量も含まれているので使い放題なので、用途が通話やチャットの場合はオススメの格安SIMです。

050IP電話について

090/080/070の番号はとらず、データ通信SIMを利用した場合、050の電話番号を利用するといいでしょう。

月額無料のモノから、~300円程度で利用できます。

050の番号で着信できるうえ、090等の番号を使うより安価で発信できます。

ただし、スマホの電波状況によって通話品質が安定しない場合があります。

050IP電話の仕組みを簡単に言ってしまえば、インターネット回線を利用して通話をする方法です。

インターネット回線を利用するので、回線状況に通話品質が依存しており、途切れたり、音が遅延して聞こえたりと質が良くない事があります。仕事用には少し不安ですね。

主にデータ通信SIMを利用している方向けで、プライベートの連絡用にはいいかもしれません。

簡単にメリット・デメリットをまとめてみました。

050IP電話
メリットデメリット
  • 050の番号で着信を受けられる
  • 通話料金が安い
  • 海外にも通話可能
  • 通話品質がいまいち
  • フリーダイヤル・110等に発信できない

各社が提供している050IP電話プラン

050のIP電話は格安SIM会社がプランとして提供しているものと、アプリを使って後から番号を取得できるものがあります。

Googleplayからダウンロードできるアプリから見ていきましょう。

IP電話アプリ月額スマホ固定電話同アプリ同士
050 plus300円16円/1分8円/3分無料
SMARTalk無料8円/30秒 8円/30秒 
LaLa Call100円8円/30秒 8円/3分
G-Call280円16円/1分8円/3分

次は格安SIM会社が用意している050通話プランです。

050通話プラン最低月額スマホ固定電話同アプリ同士
楽天モバイル
(Viber+SMS付)
645円~10円/1分3円/1分無料
イオンモバイル1,980円~かけ放題
TONE1,000円~21円/1分13円/3分無料

それぞれに通話料金が違うので自分の使い方に合わせて選んでくださいね。

かけ放題ガラケーとの併用

とっても頻繁に長電話をする、そして費用をできるだけ抑えたい場合はこの方法が良いかもしれません。

ガラケーでは月々約3,000円程度で完全かけ放題として使え、それと合わせて格安スマホを持つと安く済む場合があります。

頻繁に長電話をして、少しだけネットを使いたい人向けです。

完全かけ放題のガラケーにする場合、ドコモ、au、ソフトバンクで約3,000円程度です。

このジャンルではY!mobileが2,500円程度と一番安いです。(いずれも機種代込)

これと自分の使い方に合わせた格安スマホを持ちます。

かけ放題ガラケー + 格安スマホ
メリットデメリット
  • 全体的な月額料金が安くなることがある
  • 完全かけ放題が利用できる
  • 持ち運ぶ端末が2台に増える
  • 充電管理が手間
  • 端末代が2台分かかる

ガラケーを使わなくてもY!mobileで最安3,500円程度払えば完全かけ放題でスマホが利用できる(端末代抜き)ので、それぞれの利用法に照らし合わせて、どの方法がお得で便利に使えるかを比較してから決めると良いでしょう。

端末代や格安スマホプランを足すと、それなりの金額になるので、「逆に高くついた。。。」とならないようにしてください。

みんなの1ヶ月の平均通話時間

@niftyニュースの平均通話時間アンケートでは0~10分で41%、次いで10分~30分が28%となっています。

上の世代ほどスマホ・携帯で通話するようです。

LINE等アプリの利用で通話料も下がりそうです。

参照:@niftyニュース アンケート実施日時:2016年10月14日~2016年10月20日/有効回答数:2,890

まとめ 生活スタイルに合わせたプラン選びを

@niftyのデータから見るに月額料金に関しては格安スマホを利用することでかなり安くできるでしょう。

しかし、格安スマホでは店舗がなくサポートが受け辛いなどのデメリットもあります。

通話プランの他にもサポートやデータプランなど自分のスタイルに合わせて、決めていく必要があります。下の比較ランキングページを参考にして下さいね。

【まとめ】2018人気おすすめ格安SIMの紹介・比較ランキング!
各大手キャリア回線の格安SIMをランキングとそれぞれの特徴でご紹介します。 料金や機能の比較をしたページのリンクも貼っておくので、どの格安SIMにしようか迷う人はチェックして自分に合ったSIMを見つけて下さいね。 迷ったときは人気の...

少しだけ格安スマホについて学んで、自分に合ったものを選びましょう。

アナタの格安スマホ、格安SIM選びの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント