子どもにスマホはいつから?統計データから見る注意点。オススメの方法!!

子どもにスマホはいつから?子どもにスマホを持たせるのはいつからにしようか?

結論からから言うと

  • 小学生の場合は親が防犯や連絡用に持たせることが多い
  • 中学生からは約半数の学生が主に娯楽用として親の判断の元で利用
  • 高校生からは友達との連絡に欠かせないので持たせる親が大半

お子様がスマホを欲しがり何に利用して、どのくらい使うかなど相談して必要だと判断した時に与えてあげてください

ここでは子どもにスマホを与える時に参考となるデータと共に使い方や子供を守る方法を学んでいきましょう。

統計データから見る学校別の特徴!

データは平成29年度青少年のインターネット利用環境実態調査調査結果を参照しています。 

スマホ利用率

 スマホ利用率機器問わず
インターネット利用率
小学生
(10歳~)
29.9%86.3%
中学生58.1%92.4%
高校生95.9%95.9%

年齢とともに利用率もあがります。

  • 小学生  防犯対策や連絡手段としてスマホを持っている率が上がり、スマホ利用の低年齢化が進んでいます。
  • 中学生  約半数の学生がスマホを利用しているという統計です。まだ、義務教育期間で利用に関しては親の判断によるところが大きそうです。
  • 高校生  ほぼ全ての生徒がスマホを利用しているので、友達同士のコミュニケーション手段としてもスマホは必須となってきます。

スマホの利用内容

 小学生中学生高校生
ゲーム76.8%69.7%72.9%
動画視聴59.9%77.6%83.6%
音楽視聴

69.1%81.6%
コミュニケーション
(メール、SNS等)
46.9%84.5%91.1%
情報検索38.4%61.8%76.7%
  • 小学生  ゲーム、動画のような娯楽が中心となります。
  • 中学生  使い方に幅がでてきて情報検索、コミュニケーションでの利用率があがります。勉強やショッピングにも活用するようになります。
  • 高校生  コミュニケーションでの利用が特に多くなります。勉強から娯楽まで使うので大別すれば大人の使い方とそれ程かわらないでしょう。

インターネットの危険

まだ社会的な知識が十分でない子どもにインターネットを自由に使わせるのは危険です。

たくさんのいい情報もありますが中には嘘の情報、詐欺、出会いの誘惑などが含まれています。

こういった事に対処するためにデメリットもしっておきましょう。

子どもにスマホを持たせるデメリットから学ぶ使い方!オススメの解決法!
子どもがスマホを持つメリットは沢山ありますが、その分デメリットも存在します。 どのようなデメリットがあるかを知って事前に対策し、子どもと親にとってメリットの大きい使い方が出来るようにしていきましょう。 子どもがスマホを持つデメリット ...

子どもに対する親の取り組み

取り組み小学生中学生高校生
普段の会話やコミュニケーションの中で、子供のインターネット利用状況を把握している33.3%42.9%32.5%
フィルタリングを使っている27.2%47.4%45.8%
大人の目の届く範囲で使わせている74.9%41.4%16.0%
利用する時間や場所等のルールを決めている41.5%39.6%18.5%
管理していない3.1%7.9%19.1%
  • 小学生  大人の目の届く範囲で管理している割合が高いです。
  • 中学生  子どもとの会話で利用状況を把握している割合が高いです。それと共にフィルタリングや利用時間の制限をしている割合もおおくなります。
  • 高校生  中学生の管理とにていますが、管理していない割合も2割程度と増えているのが特徴です。

安全指導

インターネットに関する啓発や学習の経験
 小学生中学生高校生
学校で教えてもらった74.7%92.1%92.9%
親から教えてもらった43.1%40.4%30.4%
(計)説明を受けたり学んだりした84.2%95.3%95.5%

どの年代を通しても何かしらの形でインターネットに関する危険や使い方について学んだことがある生徒が大半です。

徐々に子どもに利用を任せられるように保護者が見守ってあげましょう。

まとめ 統計データから気づくこと

小・中学校では利用率から親・家庭の意見が大きく反映されているように思います。

子どもがスマホを欲しがった際にはなぜ必要か、いまはなぜ必要ないのかを話し合い、子どもの知識を増やす機会にしましょう。そのためには、ある程度は親のインターネットに対する理解も求められます。

高校生からは、ほとんどの学生が利用しているので抵抗のある親も仕方なく与えているようです。

遅かれ早かれ親の意思とは関係なくスマホを利用するようになるので、スマホを与える際には親子でのコミュニケーションをとり、危険のないよう利用できる様にうながしていきましょう。

必要に応じてフィルタリングアプリなどの利用をお勧めします。

親子にオススメの格安SIM・格安スマホ

小学生低学年であれば通話・メール・防犯が主な役目のキッズ携帯も考慮してみてください。

小学生、低学年までのお子様にはキッズ携帯がおすすめ!安くて安心、便利!
連絡や防犯のために子供との連絡はとれるようにしておきたいところです。 しかし、スマホではYoutubeやインターネットを自由にみることができ、社会的な知識が十分でない小さなお子様は良い情報も悪い情報も際限なしに取り込んでしまうので与え...

小学校4年生くらいからは、利用料が安く済む格安スマホがオススメです。

大手キャリアと比べて多少、通信速度が遅かったり、090通話のかけ放題がなかったりしますがLINEなどで連絡をとれば通話し放題、通信速度もたいていの場合、問題ありません。

学割やフィルタリングアプリがセットになったスマホ・格安SIMもあり、通話料とスマホ本体の料金を除くと月額2000円いかないくらいで利用できますよ!

090番号が必要なければさらに安く利用できます!

TONE 防犯機能に優れたスマホ&SIM

TONEモバイル専用のスマホが用意されており、プランもシンプルなので分かりやすいです。必要があればオプションで足していく形です。

ウェブサイトや使用時間の制限はもちろん、TONE独自の機能もたくさん!

防犯や使い方など親子に優しいスマホになっています。

LINE フィルタリングアプリ「i-フィルター」が無料

LINEモバイル

どの年代もよく使う人気SNSが無制限で利用可能!特に中高生はSNSがたくさん使えるのは嬉しいはず!

親御様にもスマホの制限をかけたり、子どもの居場所を知るときに役立つアプリ「i-フィルター」が無料でりようできるのでお財布にも優しく安心感もあります。

UQモバイル 高品質で学割もあり!無料アプリも!

UQmobileロゴ

UQmobileは通信速度に定評があり高品質です。学割もあるので学生様にはとってもお得!

親御様も安心できるフィルタリングアプリ「あんしんフィルター」も無料で利用できるのでとってもお得に利用できます!

それぞれに合ったプランを選び快適に利用しましょう!

 

その他、Youtubeが見放題のオプションがあるBIGLOBEや、セキュリティやフィルタリングがセットになったジュニアパックのあるmineoがオススメです!

それぞれの用途に合ったものを選び、快適に利用してくださいね!

【まとめ 子どもとスマホ】

【まとめ】子どもとスマホ 使い方と注意点!おすすめ端末&格安SIM!
今や子どもがスマホを使うのは当たり前の時代。 とはいえ、トラブルも多いのでスマホを与える場合にはしっかりと子どもの安全を守るための対策をとりましょう。 親子で安心、便利にスマホを使うルール決めから、フィルタリングアプリのインストール...